ミラノ・コレクション7年連続出展の「ATSUSHI NAKASHIMA」がバーチャルファッションに参入 VRChat向け衣装をBOOTHにて販売

only 4U」「IZMismなどのバーチャルファッションブランドを擁する株式会社BALは4月4日、世界4大ファッションショーのひとつ「ミラノコレクション」に7年連続で出展し続ける「ATSUSHI NAKASHIMA」(デザイナー:中島篤)と共同で「VRChat」向けにバーチャルファッションの販売を行っていくことを発表しました。今月中に、2023のミラノ・コレクションで発表した衣装を販売するとのことです。詳細な販売情報は後日の発表となります。

「ATSUSHI NAKASHIMA」は、日本人デザイナーの中島篤が手掛けるファッションブランド。現在まで6年間「ミラノコレクション」で発表を続けており、今年開催される「ミラノコレクション2023」にて7年連続の出展となります。

今年の全体出展テーマは「環境」。将来的にはファッション業界全体を通して環境負荷のかかる割合を少しずつ下げていくことを目標にかかげており、環境負荷が少ない状態でファッションを楽しむことができる「バーチャルファッション」着目をしたとのこと。

3D衣装の制作には、「only 4U」担当デザイナーのわらしべ長者さんが監修を務めます。「ATSUSHI NAKASHIMA」のシンプルでありながら存在感ある衣装を再現するために、リアルに近い布の質感やシワの表現などにこだわって制作しているとのこと。

コレクションテーマに「環境問題」を掲げており、実際に使われた布はリサイクルされた特別な物が多くあります。その一つがペットボトルを原料としたマテリアルリサイクルのポリエステル糸を使用して作成された「ポリエステルトリプルクロス」です。

カルゼ組織のきれいな綾が特徴の環境保護とファッション性を兼ね揃えた素材であり、特別な布を再現するべく、実際の「ポリエステルトリプルクロス」を高画質のカメラで接写して作成した素材を使用しているため、本物さながらの衣装に仕上げているとのことです。

●参考リンク
プレスリリース
「only 4U」公式Twitter
「ATSUSHI NAKASHIMA」公式サイト

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。2022年4月に「メタカル最前線」を創刊。