中京テレビ、メタバース上の企画や運営、空間提供を請け負う新サービス「エブリバース」を提供開始

中京テレビ放送株式会社(以下、中京テレビ)は6月10日、メタバース上の企画や運営、VR空間の提供などを一から十まで請け負うワンストップサービス「エブリバース」をリリースしたことを発表しました。

「エブリバース」は、中京テレビの番組やイベント制作で培ってきた企画制作力と、豊富なメタバースイベントの実績を活かし、メタバース活用による企業の課題解決から、新しいエンターテインメントの創出をバックアップする新規メタバース事業です。アドバイザーには、メタカル最前線代表のアシュトンも協力しています。

同社はこれまで、愛知県立高校2校におけるVR課外授業や、学研グループの株式会社Glatsと協力したメタバース英会話イベント、同社に所属するアナウンサーVTuber・大蔦エルさんもメンバーとして知られるご当地VTuberユニット「日本烈島」のバーチャルファンミーティングなどのメタバースイベントを制作してきました。

メタバース英会話イベントの様子
バーチャルファンミーティングの様子

サービスに関するお問い合わせは、同サービス特設サイトのお問い合わせフォームより連絡してほしいとのことです。

●参考リンク
プレスリリース
「エブリバース」特設サイト

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。4月よりメタバース文化の最前線を伝えるマルチメディアプロジェクト「メタカル最前線!」を運営。