Shiftall、新型フルトラデバイス「HaritoraX 1.1」の予約を開始 価格は3万3900円

株式会社Shiftallは9月13日、同社のメタバース向けワイヤレス・モーション・トラッキング装置「HaritoraX 1.1」を発表。予約の受付を開始しました(販売ページ)。価格は3万3900円(税込)で、発送は来年2023年1~2月頃を予定しています。

「HaritoraX 1.1」は、これまで同社が販売していた「HaritoraX」の改良版、マイナーチェンジモデルです。

2021年の発売以降、累計5000台以上を出荷したという「HaritoraX」。しかし、商品の供給が間に合っておらず、発売から現在に至るまで予約開始とともに即完売の状況が続いていました。今回発表した「HaritoraX 1.1」では、電子部品の構成を見直し、筐体・装着方法・フレームレートなどほとんどのスペックは従来モデルから変更をせずに、供給性の改善を実現したとのことです。

「HaritoraX 1.1」は、SteamVRに対応したモーショントラッキングデバイスです。VIVEトラッカーなど従来のLighthouse対応デバイスと異なり、加速度・角速度・地磁気センサ(9軸IMU)を用いている点が特徴で、安価かつQuest2などインサイドアウト方式のVRゴーグルにも対応、外出時などの持ち歩きにも適した製品となっています。

現行版「HaritoraX」のデモ映像

また、「HaritoraX 1.1」を拡張し、肘や腰をより正確に動かすことができる「HaritoraX 1.1 肘トラッキング拡張セット」「HaritoraX 1.1 腰トラッキング拡張セット」についても同時に発表。先日発表した「HaritoraX」(※現行版)向けの製品と同様のもので、こちらについては2022年中に予約販売を開始する予定です。それぞれ詳細な仕様などに関しては、プレスリリースを確認してください。

参考リンク
プレスリリース
「HaritoraX 1.1」販売ページ

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。2022年4月に「メタカル最前線」を創刊。