海外発、ソーシャルVR向けマッチングアプリ「Flirtual」って知ってる?

ソーシャルVR、それはVR空間上で会話や新しい出会いを楽しんだり、飲み会を開いたり、クラブに遊びに行ったり、アバターを身にまとった新しい姿で、まるで第二の人生を歩めるような体験ができる新時代のSNSです。

新しい人間関係が育まれれば、その中で恋愛や特別な関係が生まれるのも必然でしょう。特に、VRは単なるテキストやエモートにとどまらず、身振り手振りや実際にいる感覚が強いため、なおさらそうした関係に発展しやすい土壌があるかもしれません。

そんな中、カナダでソーシャルVRユーザー向けの出会い系アプリ「Flirtual」というものが誕生し、にわかに話題を呼んでいます。「Flirtual」は、趣味や性格などのプロフィール情報をもとに、VRユーザー同士をマッチングし、ソーシャルVRアプリ上でのデートを容易にするために設計されたマッチングアプリです。

同アプリは、もともと2018年に始動していた「VRLFP」(Virtual Reality Looking-for-Partner)というサービスのリバイバルです。今年の3月より、「Flirtual」と名前を変えて再始動しました。

ユーザーは、アカウント登録後に、自身の国や言語、性別やジェンダー、趣味などの情報を入力し、自身のアバターの写真を用いてプロフィールを作成することができます

さっそく登録してみた筆者のプロフィール

プロフィールに付けられるタグの中には「Language Learning」(言語学習)などもあり、海外のフレンドを作りたいユーザーや、VR上で言語学習をしてみたいユーザーにも、活用できそうです。

システムは一般的なマッチングアプリと同様です。メニューより「Browse」を選択することで、おすすめのユーザーのプロフィールが表示されます。プロフィールの上部には、「Undo」・「Like」・「Homie」・「Pass」の4つの項目が出現します。

プロフィールの上にこのように表示される

「Undo」は取り消し、「Like」は相手とマッチングしたい意思表示に、「Homie」はまず会ってみたい、友達になりたいことを示します。プロフィールを「Like」もしくは「Homie」すると、相手側の「Browse」欄に、自身のプロフィールが表示されやすくなります。

相手も同様に、自身のプロフィールに「Like」もしくは「Homie」をすれば、マッチング成立です。メニューの「Matches」からマッチした相手にメッセージが送られるようになります。ここで、テキストのやり取りをし、実際にソーシャルVRアプリ上で会う流れになります。なお、1日に「Like」できるユーザーには上限があり、上限に達するとマッチング機能がないプロフィールブラウザ機能「Homie Mode」に切り替わります。

1日の上限をお知らせする表示。

試しに登録し、プロフィールを眺めてみると、デート相手を探しているユーザーや、真剣な交際相手を探しているユーザーもいる一方で、意外にもフレンド探しや言語交換に使用しているユーザーも多いように見受けられました。中には「最初は遊びのつもりで登録してみたけど、ここで出会った友達がいい人ばかりで楽しくなった」というような旨のプロフィールもみかけ、ソーシャルVRのフレンドづくりの新たな可能性を感じました。

公式サイトによると、現在すでに1万1000人以上のユーザーが同サービスへ登録しているとのことです。現状は英語版のみとなっており日本語対応はしていませんが、今後の動向に注目していきたいところです。

●参考リンク
「Flirtual」公式サイト
公式Twitter

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。4月よりメタバース文化の最前線を伝えるマルチメディアプロジェクト「メタカル最前線!」を運営。