コトブキヤより新作3Dアバター「プレタコンポジッタ」第4弾と「プレタコンポジッタPlus」第1弾が登場 コラボ作家は紙⼈形作家わすとシーエのDeino

ホビーメーカーの株式会社壽屋は5月18日、オリジナル3Dアバターブランドの新商品として「プレタコンポジッタ」シリーズ第4弾「AnJu」「DiAn」「MediCo」「JuRi」と、「プレタコンポジッタPlus」第1弾「シーエ」3種を5月25日11時より販売開始することを発表しました。価格はそれぞれ「Anju」「DiAn」「MediCo」「JuRi」が各3600円(フルセット1万3000円、以上税込、以下同)、「シーエ」3種も各3600円、フルセット1万円です。

「プレタコンポジッタ」とは?

「プレタコンポジッタ」は、「遊んで楽しい」「集めて楽しい」「解って楽しい」の3つをコンセプトとしたコトブキヤXR事業によるメタバース向けアバターシリーズ。各商品には、VRMファイル、VRChat向けUnitypakcageファイル、各種改変⽤アセット、fbxファイルなどが付属し、VRChatを始めとしたさまざまなプラットフォームで利用できます。

1万ポリゴン、1マテリアルなどを特徴とした共通のアバター規格である「PAC」仕様を採用しており、これにより軽量化とともにカスタマイズを容易にしています。また、初⼼者も楽しめるコンテンツとしてプレタコンポジッタを通してアバターの遊び⽅を紹介する動画シリーズ「プレタコンポジッタで解る」を公開しています。

「プレタコンポジッタPlus」は、そんな「プレタコンポジッタ」の仕様を踏襲し、外部クリエイターが開発した「PAC+アバター」をコトブキヤが販売する取組み。その第1弾として、2009年に登場し2012年公開の初音ミクボーカロイド楽曲「細菌汚染」のMVにて有名となった「シーエ」の作者であるDeinoさんとコラボレーションをし、同キャラクターのPAC+アバターを展開します。

プレタコンポジッタ04 AnJu について

「プレタコンポジッタ」第4弾は、紙⼈形作家「わす」さんの描きおろしデザインをもとに開発しています。動画映えするかわいらしいデザインを余すところなく3D化。シリーズ共通の1万ポリゴン未満のスペックとなっているため、「VRChat」においてはQuest規格にも対応しています。

商品概要①

・販売価格:各3,600円(税込)
:4体セット13,000円(税込)
・製品内容:VRMファイル、VRChat向けUnitypakcageファイル(Quest対応)、各種改変⽤アセット
・販売先URL: https://avatarchan.booth.pm/items/4781095
・コピーライト:􀀀 KOTOBUKIYA
・商品に関するお問い合わせ先:https://www.kotobukiya.co.jp/support/contact-us/

プレタコンポジッタPlus シーエについて

クリエイター「Deino」さんが⼿掛けるキャラクター「シーエ」を、Deinoさん⾃らプレタコンポジッタ仕様に⼤胆アレンジ。「PAC+シーエ半肉型」「PAC+シーエ人型」「PAC+アルビ人型」の3種類を展開します。

なお、シーエ半⾁型にはVRMファイルが付属しません。Questには対応していますが、アニメーションはPC版VRChat向けセットアップファイルにのみ組み込まれるとのことです。また、改変や創作に使える「シーエ⼈型」の素体ファイルが全てのラインナップに付属します。

商品概要②

・販売価格:各3,600円(税込)
:3体セット10,000円(税込)
・製品内容:VRMファイル、VRChat向けUnitypakcageファイル(Quest対応)*
各種改変⽤アセット、シーエ⼈型素体fbx
*シーエ半⾁型にはVRMファイルが付属しません。
**シーエ半⾁型にはアニメーションを組み込んだPC版VRChat向けセットアップファイルが含まれます。
・販売先URL:https://avatarchan.booth.pm/items/4686454
・コピーライト:􀀀 Deino
・商品に関するお問い合わせ先:https://www.kotobukiya.co.jp/support/contact-us/

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。2022年4月に「メタカル最前線」を創刊。