Pixiv運営のクリエイターズマーケット「BOOTH」が「VRChat」と公式提携 モデルハウスも公開

ピクシブ株式会社は11月25日、同社の運営するクリエイターズマーケット「BOOTH」が、世界最大級のソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」と提携したことを発表しました。この提携により、新たにVRChat関連商品に専用バッジが追加。タグに「VRChat」関連タグが含まれた全年齢向け商品に「VRChat」ロゴが表示されるようになりました。

VRChatバッジを表示させるには、ショップオーナー自身で「VRChat」等、指定の「タグ」を設定する必要があります。

また、提携に合わせ、VRChatに「BOOTH House」というモデルハウスワールドを公開。家具や小物など、複数のクリエイター様の作品を組み合わせてワールドをデザインしており、ワールド内にあるアイテムに、ルーペを当てることで、それがどの商品なのかを表示し、BOOTHページに遷移できるシステムが組み込まれています。

ワールド入ってすぐにルーペが置いてある
このルーペをワールド内のオブジェクトにかざすと
このように使用アイテムの詳細が確認できる
ワールド内のあらゆるアセットにこのギミックが仕込まれている

この「BOOTH House」に使用されている作品は、BOOTHサイトのBOOTH House特集ページにて一覧で確認することができます。

「BOOTH」はこれまでも、「VRChat」向けデータの販売に広く活用されており、VRChatでの使用を想定したワールドやアバター、ギミックなどがユーザーの手によって多く販売されてきました。また、最近では同サイトのカテゴリーを刷新し、「3Dモデル」のサブカテゴリに「3Dキャラクター」「3D衣装・装飾品」「3D小道具」「3D環境・ワールド」「VRoid」といった区分けを行うなど、ソーシャルVRユーザーに向けたと思われる改善を度々行ってきました。

●参考リンク
プレスリリース

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。4月よりメタバース文化の最前線を伝えるマルチメディアプロジェクト「メタカル最前線!」を運営。