HIKKY、メタバース開発エンジン「Vket Cloud」のベータテストを開始 5月半ば頃テスター募集

株式会社HIKKYは5月5日、同社の開発するメタバースメーカー「Vket Cloud」のベータテストを開始することをTwitterにて告知。その詳細を発表しました。

「Vket Cloud」はHIKKYが開発するWebブラウザのメタバース開発に特化したゲームエンジンです。スマホやPCから、URLをクリックするだけでアクセスできる点が特徴で、ボイスやテキストチャットを用いたユーザー間のコミュニケーションにも対応しています。

画像

これまで、「GameVketZero」や「バーチャルマーケット6」「NFT Festa」などで使用実績があります。

「NFT Festa」アクセスリンク

「NFT Festa」は5月8日までアクセスが可能となっています

既存のプラットフォームと異なり、独自ドメイン上でメタバースを制作することが可能で、外部遷移リンクを組み込めば、他のメタバース空間やサービスにアクセスもできます。今後、同エンジンに対応したハウジング機能・アバターメーカーなども展開予定で、リアルタイムで画像やプレゼン資料のアップロード、QuestなどVR機器対応、ウォレットの連携なども開発予定とのことです。

Vket Cloudまとめ(引用元:公式ツイート)
  • プラットフォームではなくゲームエンジン
  • 自分のドメインにアップロード可能
  • スマホやPCでURL踏むだけで簡単にアクセス
  • 3Dアバター・音声・チャットでの交流
  • VRMを読み込める
  • モーションの実装
  • ハイクオリティな描画
  • その他様々な拡張機能が実装予定!

参照リンク

今回のベータテストでは、会場「GALLEREAL」を使い自分の展示会空間を作りたい人を募集。5月の半ばに募集を開始し、6月にはテスター向けにSDK(ソフトウェア開発キット)を配布するスケジュールとなっています。

公式Twitterによると、VketCloudSDKは「Blenderなどの3Dモデルをある程度さわれる」「ゲームエンジンをある程度さわれる」程度のスキルを要求するとのこと。応募は、個人でもチームでも可能です。

Vket Cloudの開発に関する最新情報は、同公式TwitterもしくはDiscordサーバーをご確認ください。

●参考リンク
公式Twitter
公式サイト

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。4月よりメタバース文化の最前線を伝えるマルチメディアプロジェクト「メタカル最前線!」を運営。