【#メタカル1周年】FANBOX開設・「メタカル記者クラブ」・「メタカル最前線公認アンバサダー」発表内容をおさらい!

メタカル最前線は4月2日、創刊1周年記念を迎えました。本日4月16日には、「メタカル創刊1周年記念発表会」と題したイベント配信をVRChatにて実施。所属記者たちとの振り返りトークを行ったほか、3つの重大発表を行いました。本記事では、同発表会内で公表した3つの発表に関して、改めておさらいしていきたいと思います。

創刊1周年を迎えた「メタカル最前線」

「メタカル最前線」は、「ソーシャルメタバースの”いま”と”可能性”を発信!」をコンセプトにアバターファッション、ワールド、VRパフォーマンス、イベント、音楽・映像などなど、ソーシャルメタバースに積み重ねられたユーザーカルチャーを取材、発信しているメタバースカルチャーメディアです。

いま生まれるこのカルチャーの最前線をネイティブの視点から記録し、未来に繋げる。そんな想いをもって、日々取材活動をしております。

昨年度、最初は編集長1人だった所属記者も、2022年5月にJOINした未経験から東雲りんさんを皮切りに、1年で7名まで増加。1年間で約400本の記事投稿を行い、その総PV数は20万PVを記録。初年度にしては一定の成果が出せたと自負をしています。

昨年度には、クリエイターマーケット「BOOTH」にて販売されるVRChat向け商品における最新トレンドを独自調査する週刊連載企画「週刊VRChat向けBOOTH商品トレンドランキング」の始動や、2019年1月から活動するVTuber・バーチャルFOXヤタノさんが週に1度、おすすめのワールドを詳しく紹介する連載企画「#ヤタノの漫遊記出張版」と2つのオリジナル連載企画も始動させました。

特に、「週刊VRChat向けBOOTH商品トレンドランキング」は、今年1月より連載を開始したにもかかわらず、昨年度の年間PVトップ5にもランクインするなど、毎週注目を集めています。

「みんなとカルチャーシーンを創り上げるメタカル最前線」

そんな、メタカル最前線が2年目に向けて発した活動テーマが「みんなとカルチャーシーンを創り上げるメタカル最前線」です。

私たちは、未来に繋がるカルチャーを記録し、新しいカルチャーシーンを創り上げることを目指しています。アバターファッション、VRパフォーマンス、音楽・映像、そしてワールド……。そうしたユーザー発のカルチャーが、メタバースの未来を創り出す鍵だと考えています。

メディアが媒介するものは、「価値観」です。メタカル最前線では、そうしたユーザーカルチャーへの正当な評価、日の目を浴びてより一層広がりを見せ、それを面白いと感じる人たちに届き、次のユーザーたちへバトンタッチしていく、そんな未来に向けて「面白さ」を伝播します。

そして、それはユーザーコミュニティと一緒に取り組むことで真価を発揮すると考えています。そこで、2年目にメタカル最前線がさらに大きく、影響力を持って「ユーザーカルチャーの面白さ」を伝播していくため、3つの発表を行いました。

重大発表① PIXIV FANBOX開設

活動の拡大のため、意識しなければならないのが「資金」です。
「メタカル最前線」は、昨年7月に運営代表のアシュトンらが合同会社アシュトンラボを立ち上げ、運営母体を法人に移しました。一方で、メディア事業の立ち上げは想像以上にタフなものです。正直なところ、なかなか安定した収益化の目処が立たず、暗中模索を続けながら持続可能な未来を探っています。

少しでもみなさんからお力を借りたい。未来に向けてご支援をいただきたい。そんな思いで、「FANBOX」を開設しました。

特に、「プレミアムプラン」では個人クリエイター様向けのPRプランもご用意しており、ユーザーカルチャーを応援したいというメタカル最前線のミッションを反映した設計となっています。いただいたご支援は今後もメタカル最前線の活動を継続拡大するために大切に使用させていただきます。

重大発表② Discordサーバー「メタカル記者クラブ」開設

「メタカル記者クラブ」は、メタカル最前線所属記者がクリエイターのみなさまとより一層の連携を取るため、そして読者のみなさまと交流を図るために新設するDiscordサーバーです。サーバーは、特にクリエイターのみなさまにご参加いただくことで、取材活動の円滑化、活性化を目指しており、具体的に以下のような取り組みを行っていきます。

  • 記事化依頼フォームの見える化
  • クリエイターのみなさまの宣伝チャンネル
  • メタカル最前線への取材依頼の提案受付
  • 参加者向けの交流会等イベントの実施
  • メタカル最前線の記者募集

さっそく、公開より2日で60名以上の方にご参加いただいており、今後交流会などの実施も考えております。ソーシャルメタバースに関する様々な情報が集まるサーバーにしていきたいと考えておりますので、ぜひ皆さまお気軽にご参加ください。

重大発表③ 「第1期メタカル公認アンバサダー」募集開始

メタカル最前線公認アンバサダーは、メタバースカルチャーの魅力を広く発信されている方を支援・応援することを目的とした制度です。

メタカル最前線の活動に共感していただける方、そしてメタバースカルチャー(略してメタカル)の発信に意欲的な方を対象に、活動をより広げるための様々なサポートを行います。

具体的には、

  • 限定Discordカテゴリーの提供
  • メタカル最前線への記事提供や取材依頼
  • メタカル最前線にて主催するイベント、配信等への優先的な出演
  • 「メタカル最前線公認アンバサダー」「メタカル公認アンバサダー」などの名称の利用

などを考えており、代わりに弊誌よりお願いがあった際に、当メディアまたは当メディアが後援・協賛・サポートしているコンテンツについて発信することなどを条件としています。

「一緒にメタバースカルチャーを盛り上げていこう!」というまさに、2年目に掲げたテーマ「みんなとカルチャーシーンを創り上げるメタカル最前線」を体現する制度として始動いたしました。「メタカル最前線」とともに並走してくれるインフルエンサーを募集しております。

「第1期メタカル公認アンバサダー」募集要項

任命期間:1年、募集人数5名
募集期間:4月30日(日)

【募集対象者】
・YouTubeやTwitter、TikTok、Instagramなどでソーシャルメタバースに関する話題を発信しているまたは発信する予定のある方
・当メディアの基本的な理念に賛同されている方
・当メディアよりお願いがあった際に、当メディアまたは当メディアが後援・協賛・サポートしているコンテンツについて発信することに同意していただける方

【応募方法】
こちらのGoogleフォームより応募をお願いします。https://forms.gle/DVPMiby8suQxJ7wd8 

メタカル最前線は2年目もみなさんと一緒に、ソーシャルメタバースのカルチャーシーンを盛り上げていきます。今年中には代表的アプリ「VRChat」のAndroid版リリースも控えるなど、今年もソーシャルメタバースにとっては、まだまだ変化の多い年となっていきそうです。

今後ともより明るい未来に向けて、みなさんと一緒に走り出していけたらと考えておりますので、応援・ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします!

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。2022年4月に「メタカル最前線」を創刊。