NHK「100カメ」がメタバース特集第2弾を5/23放送 VRデートや、”おばあちゃん”の利用などにフォーカス?

日本放送協会(以下、NHK)のドキュメンタリー番組「100カメ」は公式Twitterにて、5月23日(火)23時からの放送枠にてメタバース特集の第2弾を放送することを発表しています。番組は、NHK総合テレビジョンにて放送され、全国から視聴できるほか「NHK+」にて見逃し視聴もできます。

「100カメ」は、「100台のカメラで全部撮る のぞき見ドキュメンタリー」をコンセプトとしたNHKによるドキュメンタリー番組です。カメラは定点にて撮影され、基本的にはナレーションもなし。司会を、オードリーの若林正恭氏と、春日俊彰氏が担当しており、毎週火曜日23時より放送しています。

同番組では、11月1日にも一度「メタバース」特集を実施していました。前回放送では、弊誌編集長のアシュトン氏をはじめ、7名のメタバース住人にフォーカスし、現実サイドの定点カメラと、メタバースサイドのアプリ内映像とを組み合わせ、JOHNNY HENRYYAMADA氏によるバーチャルライブから、雑談、VR飲み会、VR睡眠まで、その生活の1日をありありと映し出し、話題を呼びました。

5月23日の放送では、「またやってほしい!メタバース2」と題し、メタバースの世界でアイドルをめざすおばあちゃん、VRデートで愛を育む若者カップル、心が疲れたアバターたちが集う悩み相談室など、日進月歩の世界を観察するとのこと。また、スタジオでオードリーもVRを初体験する構成になっているようです。

●参考リンク
「100カメ」公式ページ
「100カメ」公式Twtiter

ABOUT US
アシュトン「メタカル最前線」編集長
2021年3月より「VRChat」はじめソーシャルVR/メタバースの魅力を発信するメタバースライターとして活動。週100時間以上仮想空間で生活する「メタバース住人」として、AbemaTV「ABEMA PRIME」、関西テレビ「報道ランナー」、TBS「サンデー・ジャポン」ほか多くのメディア取材を受ける。2022年4月に「メタカル最前線」を創刊。